チャンピックスを持つ男たち

チャンピックスの開発経緯

禁煙を効果的にサポートしてくれるとして、人気となっているのがチャンピックスです。これまでの禁煙補助薬とは大きな違いをもっており、その優れた効果が、大きな話題となっています。これまで、禁煙にはニコチンを補うタイプの薬が多く用いられていました。これらの禁煙補助薬には、一時的に喫煙への渇望感を軽減する働きがありましたが、ニコチンへの依存そのものに対しては、効果がないとされていました。常にニコチンを補給している状態であり、補助薬をやめることが、難しくなっていたのです。禁煙補助薬によるニコチン摂取を無理矢理にやめたとしても、再びタバコに手が伸びてしまう、というケースが多くありました。そんな際に、ニコチンへの依存そのものを軽減する薬として、チャンピックスが開発されたのです。研究でまず注目されたのは、脳にある「ニコチン受容体」です。ニコチンと結合することで快楽物資を放出する器官であり、この存在が、タバコへの依存の原因だといわれています。このニコチン受容体に結合することができる物質として、チャンピックスの有効成分であるバレニクリンが開発されました。バレニクリンがニコチン受容体に結合することで、喫煙欲求を抑えながら、タバコへの依存そのものを、軽減することが可能となったのです。チャンピックスを開発したのは、米国の大手製薬会社であるファイザーです。1990年代に研究がスタートし、その後2006年に米国で発売開始されています。発売当初から画期的な薬として大きな話題となり、その後世界中で販売されるようになりました。現在では、世界60カ国以上の国々で、使用されています。日本国内でもその効果は高く評価されており、禁煙外来の際に、保険適用の薬として処方されています。

チャンピックスと禁煙補助剤との違い

禁煙に画期的な効果をもたらすとして、大きな話題を呼んでいるのが、チャンピックスです。チャンピックスで禁煙に成功した、という人が多く存在し、高い評価を得ています。もともと、禁煙には強い意志と忍耐が必要だといわれており、これまでに多くの人が、禁煙にチャレンジし、苦しい思いをしてきました。どうしても喫煙への欲求を我慢することができず、目標を達成することができずに、挫折してしまう人も多かったのです。しかし、チャンピックスの登場により、禁煙成功者の数は増加しています。これまで主流であった禁煙補助薬と、チャンピックスの違いとは、どのような点にあるのでしょうか。タバコがやめられない理由は、脳にあるといわれています。喫煙習慣のある人の脳には、ニコチン受容体と呼ばれるものが存在しています。ニコチン受容体は、ニコチンと結合することにより、脳内に快楽物資を放出します。これがタバコへ依存してしまう、原因となっているのです。これまでの禁煙補助薬は、タバコ以外の方法で、ニコチンを摂取するためのものでした。錠剤やパッチなどでニコチンを摂取しながら、喫煙習慣を抑制するためのものです。ニコチンが常に補給されている状態ですから、一時的に喫煙への欲求はしずまります。しかし、ニコチンへの依存を軽減する効果は、ありませんでした。チャンピックスは、そうした禁煙補助薬とは違い、「ニコチンへの依存」そのものに焦点を合わせています。チャンピックスの有効成分であるバレニクリン酒石酸塩は、ニコチンとよく似た構造をもっています。そのため、ニコチン受容体と結合することが可能です。ニコチンを断っている状態で、タバコへの欲求を抑えることができるため、喫煙への依存を軽減することが可能なのです。

薬の通販サイトでチャンピックスを購入

禁煙に対する取り組みは社会的に推奨されるものとして広まってきています。タバコによって健康が害されてしまうということは義務教育課程でも教えられるようになってきており、幼いうちからその認識が高められるようになりました。タバコを吸うことによって被害を受けるのは本人だけではなく、その煙を吸ってしまった周囲の人にも及びます。そういったことが知られるようになるにつれて禁煙への取り組みをしようと考える人が多くなり、そのための方法も多数開発されてきました。特に日本においては保険適用の禁煙治療としてチャンピックスを利用する方法が確立され、多くの人が医療機関を受診して禁煙治療に取り組むようになっています。しかし、治療にかかる費用は決して安いものではなく、保険適用で治療ができる期間内に禁煙を達成できないこともしばしばあります。そのため、安価にチャンピックスを手配したいと考える人も多く、それによって自己治療ででも禁煙を達成したいと望むようになってきているのが現状です。そういった際に役立つのが薬の通販サイトであり、人気商品の一つとしてチャンピックスを取り扱っているサイトが多くなってきています。その実体は海外からの個人輸入の代行であり、大量購入をすることによって比較的安価に手配できるようになってきています。特に日本においては内服薬を使用して治療を行うということに抵抗感が少ないことから、チャンピックスの需要が高く、個人輸入代行を行う業者も安価に大量輸入をすることが可能になっている傾向があります。そのため、医療機関を受診したかどうかにかかわらず、チャンピックスによる禁煙治療を行いたいと考えた際には薬の通販サイトを利用するのが得策となりつつあります。

ページの先頭へ戻る